適切な化粧品選びが敏感肌改善への大きな一歩になる

使い方の頻度

肌を触る女性

洗顔石鹸には選択洗浄性があります。汚れや不要な皮脂を落とし、必要な潤いや成分を残す性質のことです。乾燥肌の人にはオレイン酸が使われた洗顔石鹸がいいでしょう。ただし、洗顔石鹸でも使いすぎには気をつけましょう。

Read More

先天性と後天性

美容液

敏感肌で化粧品によって肌が荒れてしまうという人は少なくありません。肌に合わない化粧品を使うことで肌があれ、酷い場合は化粧もできないほど赤く腫れてしまうこともあります。敏感肌には二通りのタイプがあります。まずは、生まれつきの体質による敏感肌です。アトピー性皮膚炎もこれにあたります。化粧品を使うことでアレルギー反応が起きてしまう接触皮膚炎も生まれつきの体質に分類されます。もう一つの敏感肌は、後天性のものです。これには、間違った化粧品の使い方をした場合や不規則な生活習慣が原因で起こるものです。敏感肌だから天然成分の化粧品を使うのがいいかというと、そういうわけでもありません。天然成分の中にも刺激の強い成分があるからです。天然成分であっても肌に合わないとトラブルの原因になってしまいます。多くの成分が含まれていると何か反応してしまう成分があるかもしれません。なので、敏感肌の人はあまり多くの成分を含んでいないシンプルな化粧水や乳液を使うといいでしょう。敏感肌は、肌のバリア機能が低下してしまうことが原因の1つです。バリア機能を低下させないためにも保湿することが大切です。保湿に必要な成分であるセラミドが含まれた化粧水や乳液、美容液を使うことも効果的です。生まれつきの敏感肌の場合、特定の成分が肌荒れやアレルギーを引き起こしている可能性があります。合わなかった化粧品の成分を見直して共通するものがないか確かめてみましょう。しみたり、ヒリヒリと感じる物にも反応する成分が含まれているでしょう。どの成分に反応しているのか知ることで化粧品が選びやすくなります。

毎日使っても大丈夫

固形石鹸

ニキビ跡やシミ、そばかすが気になる人はピーリング石鹸を使うことで肌を綺麗にすることができるでしょう。フルーツ酸で古い角質を溶かし肌の活性に役立ってくれます。悩みに効果的な化粧水や美容液と使うことで効果が高まります。

Read More

肌の水分を補う

スキンケアする女の人

乾燥肌をそのままにするといろいろな肌トラブルが起きてしまいます。高保湿のセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸が含まれた化粧水を使って肌のバリア機能を維持しましょう。

Read More